家計管理と資産運用ブログ

アメリカとオーストラリア株・インデックス投信や家計について

仮想通貨を売却してみた

久々の仮想通貨ネタです。
少し前のお話になりますが、GW中に仮想通貨を売却しました。

12月の一番高い時に買いましたのでもちろんすべて損切りとなりました。

ビットコインのみ残して他の通貨はすべて売却。損失なので複雑な申告もする必要はありません。

売却した理由は色々ありますが、仮想通貨の技術自体はまだまだ成長の余地はあると思っています。

金額的にも大した金額を投入していませんでしたので(10万円程)、損失で痛手を被るわけではないのですがアメリカ株、オーストラリア株、つみたてNISAと保有商品が増えていく中でそこまで目が届かないので売却することにしました。

目が届かないということはもし、持っている通貨の値段が上がっても売却する機会を逸する可能性が高いということでもあります。

値上がり目的で保有している以上、当然値段が上がれば売却するのですが、仮想通貨市場の場合24時間値動きしていることもあり、専業投資家でもないのでなかなか難しいかなというところです。
(シンプルなのが一番)

それにこれだけ規制がかかってくると以前の様に上がるのは厳しいでしょう。上がり始めても既得権を侵される政府や金融機関なんかが動いてまた規制に動くかと予想しています。

売却して思ったのは売るタイミングが難しいことと、結構手数料が引かれちゃうなということ。

実質的に仮想通貨投資からは撤退しますが、今後も仮想通貨に関する情報の方は気になることがあればちょくちょくウオッチしておこうとは思っています。


仮想通貨もついにマイナスに

久々にのぞいてみたらしっかりマイナスになっていました仮想通貨達。

全部で10万円投入しましたが、現在の評価額は7万ちょっとということで3万円程マイナスとなっています。
金額も少ないのでこのまま放置です。

bitFlyeのお知らせがたまっていたので見ていると税金についてのお知らせがありました。

【仮想通貨のお取引に係る確定申告について】 ビットコイン等仮想通貨は、売却または決済等で使用することにより生じる利益に ついて、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則 として雑所得に区分され、所得税の確定申告が必要となります。

まあ結構話題になっていたので既に知っている人も多いと思いますが。

また「所得計算ツール(仮)」なるものも出来るみたいです。

それから取扱い通貨がひとつ増えていて「リスク」という仮想通貨も扱うようになったようです。

でも今回の株式市場の調整で仮想通貨がどのような動きをするか興味深かったのですが、ゴールドのようなリスク回避資産となるかと思いきや、リスク資産として動いているので投機対象として見られているので、資産分散としての投資対象とはまだなりそうにないですね。

【bitFlyeについて】 bitFlyeは、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱 UFJ キ ャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルートストラテジックパートナーズ、電通イノ ベーションパートナーズ、SBI インベストメント、GMO VenturePartners、QUICK、ベンチャーラボインベストメントなどから出資を受けている国内最大の仮想通貨・ブロック チェーン企業です。


コインチェックが出金を停止に!?

日本の大手ビットコインの取引所のひとつコインチェックが顧客の出金を一時停止しました。→Bloomberg

どうやら仮想通貨のひとつである「NEM」という通貨で不正アクセスによって約580億円分が流出してしまった様子。

補償や今後の対応がどうなるかは分かりませんが、こうなると基本的に利用者が有利な結果になることはないでしょう。

自分はこちらを利用していませんが、いつこのような事態が発生してもいいような金額しか投資していませんので、そんなに気にしていません。

ビットコイン自体金利や配当が付くものではなく、それ自体が価値を生み出すものではないので、完全に値上がり期待だけで投資しています。

仮想通貨の将来性に関してもそれほど楽観的には考えていませんし、将来的に現在の通貨にとって代わる存在となるとも思っていません。

それに税金の計算も面倒だという話もあります。それでもこれだけ値動きがあればそれだけ利益を得る機会が多いという裏返しでもありますので、投機的な取引が好きな人には魅力的だとは思います。

ですが、必要以上の金額を投入したりとか、生活資金まで使ったり過度にレバレッジをかけたりして投資するのは全くお薦めできません。

ここのところ株式のマーケットも好調なのでつい投資家も強気に動きがちですが、投資する金額は最悪の事態が万一、発生することも想定しておくものです。

(仮想通貨に投資している人が何かあった時に本社前に駆け付けるとか何と皮肉なことでしょう)

投資はあくまでも自己責任。
自分は持っている仮想通貨は相変わらず売る予定はないのですけど・・・。


何だかんだでそんなに変わらず

各国が規制する方向であることや、あのバフェット氏が暴落すると発言して大きく値を下げたビットコインおよび仮想通貨ですが現状このようになっています。


bit5.gif


相変わらず最初に10万円入金して3通貨買ってそのままなので昨日での評価額は112,291円ということで1万円程プラスという状態です。

ちょうど買って1か月くらいでしょうか。

この前記事にしたときに14万円程の評価額でしたが、そこから仮想通貨へのマイナスニュースが増えたので、一時評価額が9万円くらいまで下がりましたが、何せ動きが速いので記事にしようとしたときには元に戻っていました。

24時間365日動いているので面白いと言えばそうですが、ポジション取ってデイトレードする人はなかなか大変そうです。

仮想通貨に関してですが、資産のほんの一部として持つのはありかもしれませんが、あまり割合を増やしすぎないほうがいいと感じています。(デイトレードは別ですが)

これは将来性が心配だからとかそういった事からではなく、動きが荒いので資産全体に与える評価額の影響が大きくなり過ぎてしまうからです。

それに値動きに関してはバブルが弾けたとかはあまり気にしていませんが、各国の規制に関しては気を付けないといけません。
いくら将来性があると考えても規制されてしまうとどうしようもありませんから。

自分はこのまま資金も追加せず、保有し続ける予定ですがこれくらいの値段に下がっているなら持っていなかった人はちょうどいいくらいの値段で買えるのではないでしょうか。かと言ってどんどん追加してポジションを膨らませすぎるのも考えものですが。


興味がある方はここからどうぞ↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


仮想通貨戦線異状あり!!

仮想通貨取引ですが、あっという間に利益になっていました。

昨日の夜はこんな感じに・・・

bit4_convert_20180110192536.gif

全部で10万円分投資しているのでトータルでは4万ほどのプラスに!!
(1か月たたないうちに40%以上アップしています)

でもビットコインは4万円程で購入、イーサリアムが6万円程で購入だったので、ビットコインは4千円程マイナス。イーサリアムが4万円プラスということです。

イーサリアムがほぼ倍になっているんですね。

もっと資金を投入できる人はあっという間に増えたのではないでしょうか。

イーサリアムを購入した時に、ビットコインは高すぎるので、(自分の様に資金的に買えない人が)次の仮想通貨を狙うんじゃないかなと思ったのでこちらを選んでおいてよかったです。

まあまだどうなるかは分かりませんが、評価額がプラスなのは嬉しいものですね。


興味がある方はここからどうぞ↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


FC2Ad