FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

相変わらずのマイペースっぷり

これもブログ休止期間中でしたが5月に米国株のAT&Tより今年2回目の配当金を受領しました。

今回も1株当たり0.51ドルの配当金となりました。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.459ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.365ドル程度の受け取りとなります。

配当の支払いは2、5、8、11月と年4回となっていますので予定だと次は8月ですね。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは5.4%(税引前)となりますが、引き続き現在の株価だと6.5%以上の配当利回りとなっています。

株価の方はマーケット全体の動きには我関せずといった感じで、30ドル近辺まで来ると反発する動きになっています。
ただ業績改善がまだまだ見込めそうにないので大幅な反発はしばらくないかなと考えています。

そういえばトランプ大統領が訪英時にCNNを批判していましたが、親元のAT&Tに飛び火するような政策とかは勘弁してほしいものです。


政府が上訴断念!!一応勝ったけど・・・

長年の係争についに決着がつきました。

保有している米国株のAT&Tによるタイム・ワーナー買収ですが米高裁も容認し、米政府は上訴を断念しました。→Bloomgerg

この話題は以前の記事でも書いていますが、あれから約1年程でようやく一件落着といったところでしょうか。

これにより、AT&Tはすでに終えている850億ドル(約9兆4000億円)規模の同社によるタイム・ワーナー買収を白紙に戻そうとする米政府の取り組みを防ぐことが出来ましたが、マーケットの方では既に織り込み済みなこともあり反応薄。

ここのところ良くない決算が続いているので、会社側は今後この巨額の買収を正当化するために目に見える形でシナジー効果を出していかない失望売りに会うかもしれません。

どうもタイムワーナーというとAOLによる、ネット系企業が既存の出版、映画、放送系企業を買収するという形になった「世紀の合併」の失敗の印象があるので不安なのですが・・・

買収を発表してからワーナーメディアの業界は以前よりも競争が激化している気もしますが、果たして大丈夫なのでしょうか?

それから本業の方の5Gの普及もトランプ大統領がハッパをかけていたのでそちらへの投資も今後膨らんでいきそうな気もしますが、ややベライゾンと比べて遅れ気味なのも気になるところです。


配当金でごめんなさい

米国株のAT&Tより今年1回目の配当金を受領しました。

今回は増配後の1株当たり0.51ドルの配当金となりました。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.459ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.365ドル程度の受け取りとなります。

こちらも米国の現地源泉税は外国税額控除で戻ってきますが、ひとまず二重課税となります。

配当の支払いは2、5、8、11月と年4回となっていますので予定だと次は5月ですね。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは5.4%(税引前)となりますが、引き続き現在の株価だと6.5%以上の配当利回りとなっています。

前回も書きましたが、やはりこれだけの大企業で配当が6%以上もあるなら買わない理由はないのですが、それでも株価の動きは良くありません。

いずれ上がるのかもしれませんが、大型株でましてや(株式投資の盛んな)米国のアナリスト達が見ているはずなので株価が上がらないということは、やはりそれ以上に上がらない理由があるのでしょう。

しかし、配当は引き続き支払われますし、急いで売却してしまわないといけないほどでもないので買い増しは考えずこのまま保有して配当金を貰い続ける予定です。


貴方はまたダメなのね・・・

いつも悪い決算を発表するこの銘柄。すでにおなじみとなりました。

米国株のAT&T(T)の第4四半期決算がありました。

私の感想としては引き続き見通しは厳しく、積極的な買い増しは控えるべきだと判断します。

アナリスト予想は売上高は485億ドル、1株利益が86セントでしたが結果は売上高が480億ドル、1株利益が86セントという内容でした。

無線通信の契約者数が市場予想を大きく下回る伸びにとどまり、有料テレビが特に低調で契約者数は65万8000人減。アナリスト予想は19万1232人減だったので散々な結果に。

特にディレクTVを中心とする有料テレビ部門では、ネットフリックスなど急速に拡大するオンライン企業に押され、顧客の流出が続いていることはこれから力を入れようとしている分野なのでかなり厳しいかなと思っています。

株価が下がり配当利回りも7%近くになってきましたが、そうそう手を出すものじゃないと思います。
現にここ1年間の株価のパフォーマンスを見ればいくら高配当でも内容が期待出来なければ手を出さない方がいいのは明らかですよね。(自分の場合は外貨ベースで20%以上の評価損)

米国株に投資している人は米国株式市場は他国よりもきちんと市場が機能しているから投資している人も多いと思います。
その市場が売りで判断している(さらにこれだけの大企業だとアナリストが詳細にカバーしている)のに敢えて買い向かうのは合理的な判断ではないですよね。


それでも買わない理由があるから

米国株のAT&Tより今年3回目の配当金を受領しました。

今回も1株当たり0.5ドルの配当金となりました。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.45ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.359ドル程度の受け取りとなります。

こちらも米国の現地源泉税は外国税額控除で戻ってきますが、ひとまず二重課税となります。

配当の支払いは2、5、8、11月と年4回となっていますので予定だと次は2月ですね。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは5.3%(税引前)となりますが、引き続き現在の株価だと6.5%以上の配当利回りとなっています。

これだけの大企業で配当が6%以上もあるなら買わない理由はないのですが、それでも株価の動きは良くありません。

いずれ上がるのかもしれませんが、大型株でましてや(株式投資の盛んな)米国のアナリスト達が見ているはずなので株価が上がらないということは、それ以上に上がらない理由があるのでしょう。

そんなこともあり、決算を受けての私のポートフォリオに向けての投資判断積極的な買い増しは控えるべきとしていますが、投資資金に余裕があればこの安いうちに買って株数を増やしておくことも出来るので投資判断も変わってくるのですけどね。


FC2Ad