FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

主力銘柄が好決算!!

保有している米国株のマイクロソフト(MSFT)の第4四半期決算がありました。

個人的な感想は引き続き今後も投資対象として問題なしと判断しました。

内容は予想を上回る好決算でアナリストの予想では、売上高が292億ドル、1株あたり利益が1.08ドルという予想に対して、売上高は前年同期比17%増の301億ドル、1株あたり利益が1.14ドルという結果でした。

各部門好調ですが、特にAzureの売上高の前年同期比89%増が目を引きます。

このクラウドコンピューティングサービスやクラウド型業務ソフトに対する企業の需要が拡大し、売上高と利益が市場予想を上回ったということです。

Azuneは世界のクラウドインフラ市場で16%のシェアを握り、クラウドサービス提供ではアマゾンの「アマゾンウェブサービス(AWS)」に次いで第2位の地位となっています。

最近思うのはネット関連銘柄は過熱気味と言われてきましたが、これらの企業はまた別格なのかもしれません。

この銘柄は自分のポートフォリオの主力銘柄と考えていますので、マイクロソフト株の好決算を受けて株価が上がるのは嬉しい反面、まだまだ買い増していきたいと考えているのであまり急速に値上がりしても困りもの。

巨大企業のマイクロソフトも一時は低迷していましたが、CEOが変わってからすっかり立ち直りました。この立ち直り(企業改革)の速さも米国株の大きな魅力のひとつです。


新戦力加入!!!

米国株のポートフォリオに新戦力が加わりました!!

期待の新戦力はマイクロソフト(MSFT)です。

今更この会社の説明の必要はないですよね。今後も社会のIT化の進展が予想されることと財務状況も強固なこともあり、長期で保有できるかなと考えています。

買値ベースでの配当利回りは1.66%と少し低めになりますが、今後の増配を期待して買っておきました。
(買った瞬間下がりだしたのはご愛敬)

Alphabet株を保有していますが、まだ配当銘柄ではないのと値段が高すぎて株数がなかなか買えないので、こちらの銘柄を主力銘柄として買い増ししていく予定です。

この会社はMicrosoft Officeで稼いでいましたが、最近ではクラウドのAzure等の分野が稼ぎ頭となりつつありますし、さらなる拡大を目指してAIの会社なども買収しています。

以前の記事で書きましたが、おそらくAI関係で最後に勝者になる企業は①資金力のある企業、②技術者を集めることの出来る企業という2つの条件があると思っていますが、ユニークなスタートアップ企業が出てきても資金力で買収出来る可能性が高い会社だと思います。

そんなわけでクラウドからドルの雨を降らしてくれることを期待しています。


FC2Ad