FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

意外と高配当になるのかも?

米国ETFのバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)から分配金が支払われました。

前回から7%程増配され、1株当たり0.772ドルの分配金となっています。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.649ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.518ドルの受け取りとなります。

分配金の支払いは3月、6月、9月、12月となっていますので次は6月末です。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは2.15%(税引前)となりますが、買った時が1.77%(税引前)だったので順調に増配しています。

VTIは購入してからまだ半年ほどしか経っていないのですがそれでもこれだけの利回りになってきました。
長期保有していると意外と高配当になるのかも?

勿論今後もずっと増配が続くわけはありませんが、値動きも考慮すると一見、高配当でも配当の伸び率が低いAT&TやPFFのような銘柄よりもトータルのリターンは高くなりそうです。

この商品自体に不満はありませんが、唯一残念なのは昨年の暴落時に買ったのですが、その時指値を間違えていまして自分が考えていた値段より1株当たり10ドル高く買ってしまった事。(自分のせいなんだけどね)

まだまだ投資金額も少ないので今後もコツコツと買い増しを続ける予定ですが、注文を出す時どの銘柄も気を付けないといけません。


大人の味は増配で?

米国ETFのバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)から分配金が支払われました。(こちらも今年の入金処理となっていました)

1株当たり0.7209ドルの分配金となっています。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.649ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.518ドルの受け取りとなります。

分配金の支払いは3月、6月、9月、12月となっていますので次は3月末です。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは2.00%(税引前)となりますが、買った時が1.77%(税引前)だったので増配があったみたいですね。

ETFの場合は株式と違って、決算で業績が読めないので増配があるか分かりづらいところが少し難点でしょうか。

でもこれ1つで米国市場のほぼ全部をカバー出来るとのことなので資金が少なくてそこまで銘柄を増やせない私にとってはありがたい商品です。

米国市場をほぼカバーするということは、勿論自分が魅力的ではないと思っている銘柄にも投資していることになりますが、自分の好みの銘柄だけが上がるとは限りませんし、清濁併せ吞むって感じで割り切っています。(大人だね~)

そもそもこの銘柄はつみたてNISAだけではインデックス投資の金額が少ないと感じていたのでその上乗せのつもりで買っています。
なので、あんまり目先の動きを気にせず毎年一定金額を淡々と買い増していくだけです。


ディフェンシブ株が欲しいのよ

米国株で今回買えた第2弾です。

保有銘柄は独特な動きをする銘柄が多いので、ポートフォリオの中にディフェンシブな銘柄をひとつ組み入れたかったのでこの銘柄にしました。

一言で「ディフェンシブ」と言っていますが、他の人と若干その感覚は違っていて通常だと生活必需品とかヘルスケアや食品などの下落相場でも下げにくいものがディフェンシブ銘柄とされます。

ただコレ、本当はそれぞれのリスク許容度に応じてディフェンシブと感じる程度は違いますよね?

株が怖いと思っている人にいくら下落相場に強いと言っても生活必需品とかヘルスケアや食品株も所詮同じ株式ですし。

私の場合は株式に投資するうえで(値下がり)リスクは付き物だと考えていますので、大丈夫な資金しか投入しません。
なので、下がった時どうこうよりも上がった時にどんな動きをするかが大切です。

米国市場が上がっているのに自分の持っている銘柄だけは逆の動きをしているとかは勘弁したいところですが、持っているAT&TやLMTはちょっと独特の動きをします。

そのため目安としているS&P500となるべく似た動きをするものを加えておきたいかつなるべく(銘柄数を増やしすぎず)シンプルにしたいけど、倒産リスクは減らしておきたいという若干ディフェンシブ的な考えがありました。

そういうわけであらたに購入した銘柄はETFで人気のVTI
バンガード゙・トータル・ストック・マーケットETFです。

VTIは米国株式市場の99.5%を網羅しており、これ一本で大中小問わず多くの米国株に投資出来るのでこれでそのニーズを満たせます。

ETFなので個別の決算やニュースもほとんど追わなくていいのでその分手間が省けそうですし、間接的に(全銘柄含んでいるので)この下げ局面での保有銘柄の買い増しになりました。

配当(正しくは分配金)も出ますが、私の買値で計算すると年換算で配当利回りは1.77%(税引前)、四半期ごとの年4回分配で3月、6月、9月、12月に支払いとなっています。


FC2Ad