FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

【運用成績】2018年7月末時点

7月末時点での運用成績です。

マーケット全体ですが為替は米国利上げを見越しドル高気味に推移し、株価は引き続き貿易戦争や月後半に四半期決算があり、適度なボラティリティがある動きでした。

米国市場の年初来リターンはS&P500は4.82%NYダウは2.38%でした。
今月から豪ドルおよびオーストラリア株の投資を休止した結果、保有資産については先月の-13%から随分持ち直しました。

今月はMMFの分配金以外配当はありませんでしたが、マイクロソフトやAlphabetが健闘しており評価額を支えました。
ロッキードも決算を受け持ち直した一方、AT&Tとテルストラの通信株が振るわず、運用のマイナスに寄与しました。


【7月末時点】

201807.png


評価損益合計:-8.83%(配当除く)

米ドルMMF・・・積立中  平均取得為替 109.2円
豪ドルMMF・・・休止中  平均取得為替  85.2円
つみたてNISA・・・積立中 iFree S&P500インデックス
企業確定拠出年金・・・積立中 MSCIコクサイ・インデックス投信

総資産利率:0.145%

とまあこんなところです。


【運用成績】2018年6月末時点

6月末時点での運用成績です。

マーケット全体は貿易戦争だなんだとありながら比較的堅調でした。アメリカ市場のS&P500の年初来リターンは1.67%、オーストラリア市場のASX200の年初来リターンは2.14%でした。

リスク資産の評価額はひとまず下げ止まりました。

アメリカ株ではロッキードから配当が支払われ運用のプラスに寄与しました。Alphabetも健闘しており評価額を支えました。
マイクロソフト購入のコストが発生しましたが、今後のポートフォリオリターン向上に期待です。

一方、オーストラリア株では業績悪化の為資産売却を発表したテルストラが暴落しました。

それから今月からつみたてNISAの積立投資が始まりました。


【6月末時点】

201806.png



評価損益合計:-13.29%(配当除く)

米ドルMMF・・・積立中  平均取得為替 108.8円
豪ドルMMF・・・積立中  平均取得為替  85.2円
つみたてNISA・・・積立中 iFree S&P500インデックス
企業確定拠出年金・・・積立中 MSCIコクサイ・インデックス投信

総資産利率:0.145%

とまあこんなところです。


【運用成績】2018年5月末時点

5月末時点での運用成績です。

マーケット全体はセルインメイとはなりませんでした。アメリカ市場のS&P500の年初来リターンは1.18%、オーストラリア市場のASX200の年初来リターンは-0.88%でした。

リスク資産の評価額は引き続きマイナス幅が広がりました。
年初からの成績を見るとどんどんマイナス幅が拡大していますがまだ気にしていません。

保有のアメリカ株、オーストラリア株共にさえない動きでしたがGoogleがプラスに転換、高配当株のAT&Tからの配当が運用のプラスに寄与しました。
また米ドルMMFの利率が上昇しているのも多少、運用のプラスに寄与しました。

それから先週に確定拠出の運用商品を半分売却して利益確定、現金ポジションにしています。


【5月末時点】

201805.png


評価損益合計:-14.83%(配当除く)

米ドルMMF・・・積立中  平均取得為替 108.8円
豪ドルMMF・・・積立中  平均取得為替  85.5円
企業確定拠出年金・・・積立中 MSCIコクサイ・インデックス投信

総資産利率:0.134%

とまあこんなところです。


【運用成績】2018年4月末時点

4月末時点での運用成績です。

マーケット全体は円高が進む局面がありましたが、アメリカ市場のS&P500の年初来リターンは-0.14%、オーストラリア市場のASX200の年初来リターンは-1.84%でした。

リスク資産全体の評価額は引き続きマイナス幅が広がりました。

オーストラリア株は値下がりが続いていますが、テルストラから配当金が支払われたことが運用のプラスに寄与しました。

一方、アメリカ株はここまでプラス圏を維持していたロッキードがマイナスに転じました。
これで保有銘柄すべてが含み損の状態となっていますが高配当銘柄から先に買っているので仕方ないですね。


【4月末時点】

20180430.png

評価損益合計:-10.58%(配当除く)

米ドルMMF・・・積立中  平均取得為替 108.5円
豪ドルMMF・・・積立中  平均取得為替  85.8円
企業確定拠出年金・・・積立中 MSCIコクサイ・インデックス投信

総資産利率:0.073%

とまあこんなところです。


【運用成績】2018年3月末時点

3月末時点での運用成績です。

マーケット全体は引き続き下がり基調でボラティリティが激しく、アメリカ市場のS&P500の年初来リターンは-2.59%、オーストラリア市場のASX200の年初来リターンは-4.56%でした。

リスク資産全体の評価額は引き続きマイナスとなりました。オーストラリア株のテルストラが下がり続けています。
下がり率が危険域に達していますが保有は続けます。

一方のアメリカ株、ロッキードから配当が支払われたことと、AT&Tが多少持ち直したことが運用にはプラスに寄与しましたが、アルファベット株がここに来て冴えない動きなのでマイナス要因となりました。


【3月末時点】

20180401.gif


評価損益合計:-6.49%(配当除く)

米ドルMMF・・・積立中  平均取得為替 108.7円
豪ドルMMF・・・積立中  平均取得為替  86.5円
企業確定拠出年金・・・積立中 MSCIコクサイ・インデックス投信

総資産利率:0.015%

とまあこんなところです。


FC2Ad