家計管理と資産運用ブログ

アメリカとオーストラリア株・インデックス投信や家計について

2016年7月の家計簿

まだあと2日ありますが、7月の家計を集計しました。

全体的に予算の範囲内に収めることができました。
ただ特別支出用資金は残り24,136円となっており、結構なペースで使ってしまっています。

財形積立や一部会社補助ありの家賃を差し引いた後の金額で先月は137,155円貯金+財形積立分が増えました。早く投資の種銭を貯めないといけません。

【現在の資産】
A口座(メイン口座)・・・目標100万円→14万円
B口座(サブ口座)・・・目標20万円→100円
C口座(決済口座)・・・目標20万円→18万円
D口座(投資口座)・・・目標10万円→0円

合計・・・目標150万円→32万円

カード残高14万円
*定期預金や財形、特別支出用資金は除いています。

関連記事

7月の読書

7月に読んだ本4 冊。

投資関係が2冊
仕事に関する本が1冊
健康に関する本が1冊

今月もそれほど読めなかった。図書館で借りたい本がなかなか予約が埋まっていたりということもあり読めませんでした。

それに図書館まで少し遠いので、暑い時期はなかなか足が遠のきがちになってしまいます。

7月に読んだ本の中でお薦めは森博嗣の「やりがいのある仕事」という幻想。
仕事や人生のことで悩んでいる人は一度読んでみるといいかも。

なんとなく自分が仕事に関して悩んでいたことがすっきりしました。

仕事に力を入れるのも大事なことだとは思いますが、そればっかりじゃやっぱりダメですね。





関連記事

誤発注してしまいました

先日の注文ですが、誤発注してしまいました。

トレダビだったので実際のお金ではなかったのでよかったですが。

記事の思惑の通り、日銀追加緩和で日経一時上昇狙いの幅取りでしたが・・・

1357の日経ダブルインバースですが、てっきりブル型(指数が上がると上昇)だと思っていたのがベア型(指数が下がると上昇)でした。

しかし、買ってすぐ2%上のところで売りの指値注文を出していたため、26日の日本市場の下落で1357の値段は上昇したため売れていました。850口買っていたのでトータル+70,955(+2.85 %)の利益で結果オーライとはなりました。

本当のお金だったら恐ろしい。慣れないものを買うときは良く調べた方がいいですね。

【取引結果】
1357 日経ダブルインバース 850口 2840円買い→ 850口 2925円売り +70,955(+2.85 %)

関連記事

ねんきん定期便

ねんきん定期便が届いていました。

あの金額をみるとやはり将来の生活とかが心配になりますね。ところでこの年金ですが、日本の公的年金は積立方式ではありません。

よく自分の払った年金がもらえないんじゃないかといったことを言っている人がいますけど、積立方式ではないので当然です。
現在の公的年金は賦課方式が採用されています。

現役世代が今納めている保険料は今、年金を受け取っている世代の支払いにあてられています。

賦課方式の特徴としてインフレとか給与水準の変化に対応しやすいというところがありますが、デメリットとして少子高齢化が進行すると保険料を払う人が減り受け取る人が増えてしまうので年金の給付水準が下がってしまうということも起こります。

ですので現役世代の年金はちびっ子達が将来払ってくれるということですね。

ただゆくゆくはこの制度も破たんしそうな気もしますが、そうした仕組みをよく知ろうとせずそのままにしていたツケがまわってきたとも言えますね。

関連記事

指数連動ETF買い

トレダビで指数連動のETFを買いました。

狙いは先日の記事の通りです。

1357 日経ダブルインバース 850口 2840円買い
1365 225日経ダブル 300口 8,370円買い

でそれぞれ買えています。すぐさま2%上のところで売り指値を出しています。 

この2銘柄にしたのはETFの中でダブルであることと、売買高が少なすぎないと判断したためです。
緩和発表までしか持たないので、緩和がなかった場合、損切りします。

関連記事

FC2Ad