FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

【運用成績】11月末時点

運用成績ですけど、米大統領選後の円安株高の恩恵もあり、全体的に値上がりしています。

それに伴って確定拠出トータル損益も随分改善されています。

今年の1月からインデックス積立投資型1本にしたので保有商品損益がちょうど今年1年の運用損益となります。

ですので、今のところ今年の運用リターンは+10.53%

問題はこれまでの積立金をどうしたらいいものか。まとめて今買っているインデックス投信を買ってしまうと基準単価がその部分で買った口数が多くなってしまいます。

12等分して来年1年かけて買い足していく方がいいのかなと考えています。

それと今月から募金活動も参加することにしました。募金についてはまたの機会に記事にしようと思っていますが、自分の資金を使ってというのは正直なかなか気が進まないところもあるのでクリック募金を使って募金しています。


【11月末時点】
*確定拠出損益
(MSCIコクサイインデックス連動投信):保有商品損益 +10.53% 拠出以来トータル損益 -1.81%


【11月募金】
*森の生物多様性を守る活動    寄付額:22円
*環境保全支援(アンケート募金)  寄付額100円

合計寄付額122円



↓クリック募金はこちらのサイトを使っています 
クリックで救える命がある。


関連記事

ふるさと納税2016年(守谷市)

今年ふるさと納税を始めて利用しました。1つは特に返礼品目的なしで自分の故郷にしました。

せっかく数ある中から選んだのも何かの縁なので、いくつか取り上げて納税先についてちょこっと紹介していきます。

まずは茨城県守谷市です。

こちらは茨城県南部に位置していまして、茨城県ではもっとも面積の小さい市だそうです。人口はおおよそ65000人。

詳しくは→守谷市公式ホームページ

こちらの返礼品はいくつか種類がありましたが、1万円寄附の中で私はこちらを選びました。





ネット限定のアサヒドライプレミアム豊穣 焙煎仕立てです。

なぜ守谷市はビールなのかというとアサヒビール茨城工場があるのでその関係だと思います。

そして、ありがたいことにギフト包装で発送してもらえます。
(依頼主は発送事業者名になりますが、注文者とお届け先のお名前が違う際は『○○様より依頼品』と明記してもらえます。)

自分ではそんなに家で普段飲まないのですが、実家へお歳暮代わりに送りました。申し込みしてすぐに到着したみたいでした。

発送先は変更できるところと返送できないところがありますので、そこは市町村によって違いますが、こちらの守谷市さんは送付先の変更はネットから入力するだけで簡単に出来ました。

手続きも簡単でしたし、発送も早かったので申し込んでよかったです。


関連記事

11月の読書

11月は2冊読みました。

①バリュエーションの教科書
②肩をすくめるアトラス

ですがアトラスは1200ページ以上あるので図書館の返却期限に間に合いそうになかったので途中で断念しました・・・

すごく時間があるときに読めばいいのかも。

それから①のバリュエーションの教科書は森生 明氏著の本ですが、企業価値に関して非常にわかりやすい説明でぜひお薦めです。

同じ著者でMBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2)という本も以前に出していまして、これは自分の教科書としています。
もっと簡単な本だと会社の値段 (ちくま新書)という本もあるので、専門的に学んだことがない人はこちらから入るといいかも。




関連記事

JR九州株を持ち続けるのはあんまり・・・

昨日こんなお話が出ていました。

日南市、JR九州株を購入…路線存続求め読売新聞

記事によると日南市は10月に不採算路線の維持の姿勢を示すため、JR九州株を3800株購入したそうで同じ路線の串間市なんかも購入する予定だそうです。

やはり上場すると株主の目があるので経営合理化を進めないといけませんし、なかなか不採算路線を残しておくことは難しいですよね。

かといって地方の人からすると交通機関の足がなくなってしまうわけで・・・

赤字なのはそもそも都市部と違って人口が少ないので仕方ないといった側面ももちろんあります。

何とか工夫しているところもありますけど、それだって限界があります。もちろん一概にいい悪いは言えない問題でもあります。

上場しているわけですから、違法なことをしなければ誰が買ってもいいので、日南市が株主総会で意見を表明したいので購入したという行動は全然ありだと思います。

しかし、一方で既存の株主からするとちょっと納得のいかない部分も出てきます。
(私は保有していませんが・・・)

不採算路線を残すくらいなら経営合理化を進めてその分株主利益に還元して欲しいと思うのが、通常の投資家の考えだと思います。

会社側にとってもそこを残すのであれば、その分別の事業を展開していくとか別の事業リスクを取っていかないといけなくなります。

もちろん九州にある鉄道会社なので購入した人はそうした状況やリスクは承知していた人は多いと思います。ただこれが不採算路線の維持に何かしらの影響を及ぼした場合、今後ほかの自治体も続いてくる可能性はあります。

そう考えると個人的には優待目的でなければ投資対象としてはちょっと魅力がなくなってしまったかなといった感想です。


関連記事

意外と知らないATMの豆知識

お金をおろすときにATMを使うと思います。

その時に千円札が何枚も出てきたりとか、逆に千円札で欲しい時に大きいお札で出てきたことはないでしょうか?

ATMは大体の人がいつの間にか使えるようになったので説明書を読んだりとか、操作方法を学んだりした人はほとんどいないのではないでしょうか。

知っておくと便利な豆知識。ATMは操作方法によって千円札のみとかで受け取ることができるんです。

例えば1万円を引き出したい時、ATMで数字の入力の際に数字入力のボタンと漢数字の入力ボタンがありますが、1万円と入力すると1万円札が1枚出てきます。

一方、10千円と入力すると千円札が10枚出てくるんです。

または出金金額を入力した直後に「両替しますか?」という表示が出て両替ができる機種もあります。

ATMの種類によってはそうなっていないものもあるのですが、大手銀行やゆうちょは対応していますので、お金を引き出したいけど万札はいらないという場合などに使えますね。


関連記事

FC2Ad