FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

好決算でも売られる

ロッキード・マーチンの第1四半期決算がありました。

純利益は46%増の11.6億ドルEPSは4.02ドルで市場予想の3.39ドルを上回りました。

売上高は前年3.8%増の116.4億ドルで市場予想より良く、通期の売上見通しを上方修正しました。通期の利益見通しは15.80~16.10ドルに上方修正です。

内容としては予想よりも良かったのですが、決算後株価は下がっています。
そこまで気にしていませんが、ついに買値を下回ってきました。

朝鮮半島の雪解けムードが逆風にはなりそうですが、またどこかで紛争やら何やらは起こるでしょう。

戦争ヘッジ銘柄としての保有なのでこの銘柄は上がろうが下がろうが引き続き保有します。
まだ株数が少ないので資金が貯まれば買い増ししたいところです。

次回配当落ちは5月31日、支払日は6月22日で前回と同じく1株当たり2ドルとなっています。


関連記事

今期は円高?100円割れも!!

日本電産の永守会長の為替に関する発言がありました。→ロイター

内容はドル円相場については今期は円高になる可能性が高いだろうと考えているとのこと。

さらに「場合によっては100円を切るかもしれない」との見通しを持っているとのことです。

米国は利上げを進めているので教科書通りの動きだと日本との金利差で円安になるとの見方が多く占めていますが、そういう時は多くの人の意見の方に動かないのがマーケット。

もちろん円安に進む可能性もありますので、投資家としてはどちらに転んでもいいように準備しておく必要があります。

自分の中ではポートフォリオの米ドルは100円~110円、豪ドルは80円~90円で考えているので、この範囲内であればいつもどおり外貨を買い付けるだけです。

とはいっても出来ることは限られているので地味に外貨を積み立てつつ、キャッシュポジションもある程度維持しながら投資を進めていこうと考えています。

米ドルはいいとして、動きの幅の大きくなる豪ドルにとっては利上げもしばらくなさそうなので、非常に厳しい状況が続きそうです。

通常金利が高くなければコストの高いオセアニア通貨をわざわざ買いませんよね。


関連記事

厳しい決算内容

今のところ保有銘柄の大部分を占めるAT&Tの第1四半期決算がありました。

見劣りする内容でしたので利回りは6%を超えてきています。
(買い増ししたいところですが、投資資金がまだありません・・・)

EPSが予想0.88ドルに対し0.85ドル売上高が予想393.6億ドルに対し380.4億ドル売上高成長率は前年同期比-3.4%。

同業他社のベライゾンの決算は意外に良かったのでこちらの減速傾向は否めませんので、メディア企業に早期に転換していかなければ厳しそうです。

スプリントとTモバイルの交渉も再度進展しているようですし。

気になる米司法省が阻止を求めて提訴したAT&Tによる米メディア大手タイムワーナーの買収計画を巡る裁判が現在続行中ですが、今月30日に最終陳述が行われる予定とのこと。

しばらく下値を模索する展開となりそうですが、配当が高いのでそこまで下げないかもしれないですね。

この銘柄は今後の財務や業績を注視しつつ、買い増しの可能性を探るつもりですが個人的にメディア化路線転換には賛成なので買収計画が失敗しそうなら損切りも必要かもと思っています。


関連記事

ネット広告はまだまだ拡大基調

2018年第1四半期の決算が始まりました。

3か月経つのもあっという間です。その度ごとに決算発表がありウオッチするのは大変ですが、長期投資の株式投資を行ううえで保有銘柄の決算内容は見ておいた方がいいです。

でもまだ第1四半期なので(業種によっては期毎に業績がばらつくところもあります)、それほど中身までは気にせずさっと軽く気に掛ける感じで。

それが億劫ならETFか投信にシフトした方が手間がかからないかも。

さて、保有銘柄の決算トップバッターはAlphabet(Google)です。

内容はEPSが予想$9.28に対し$9.93売上高が予想302.8億ドルに対し311.5億ドルと予想を上回る内容でした。

グーグルが手掛けた広告収入は増加。検索エンジン「グーグル」や動画共有サイト「ユーチューブ」、提携アプリなどへの広告需要が堅調でした。

新規事業の方も徐々に収益化されてきていることもあり、この規模でもしばらくまだ成長が続きそうなのは好材料。

心配があるとすればプライバシー問題が飛び火して広告などに影響が出なければいいのですけど。

このような内容でもあり、まだしばらく保有して大丈夫そうです。


関連記事

節約とダイエットは相性がいい

節約とダイエットの関連性の記事がありました。→マネーの達人

記事の中で節約しながらダイエットを成功させる「3つのルール」が紹介されていました。

1. ジャンクフードを食べない

2. コンビニに行かない

3. スポーツを取り入れる


上記の3つがそのルールです。節約家の人にとっては既に当たり前のことかもしれません。

1は塩分やカロリー過多が健康に悪いですし、2はそもそもコンビニに行くことで様々な商品の誘惑がありますので、それを我慢することによってストレスが溜まります。そのストレスが溜まり反動でつい甘いものを求めてしまうことに・・・

3は逆にストレス発散として取り入れておくといいですし、減量につながります。

そう考えるとやはり基本に正しく、健康的な生活を送ることがスタイル維持と節約につながるということですよね。



関連記事

FC2Ad