FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

ソフトバンク社債が出ます!

なんと円建てで2.9%-3.1%の税引き前の利率の予定です。購入単位は100万円単位。

この低金利下ではなかなかいい利率ですね。実際の購入は目論見書などをきちんと確認したうえで購入してください。

販売会社は野村證券、大和証券、SMBC日興証券、三菱モルガン証券の大手4社はあったと思います。

その債券の名称は「ソフトバンク株式会社第3回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)」です。

舌を噛みそうな長い名前ですが、この債券の条件は当初5年間は上記の2.9%-3.1%の間の中で条件決定日に利率が決まるのでその金利を受け取れます。

満期はなんと25年ですが、早期償還条項がついているので、5年後の2021年9月30日以降の利払い日ごとに期限前償還される可能性があります。償還するかどうかは発行体が判断します。

また早期償還されなかった場合、5年目以降の金利は基準金利(利払い日の6か月ライボー金利)+上乗せ幅(未定)+加算値といった計算式で計算された金利となります。20年目以降は同じく基準金利+上乗せ幅(未定)+0.3%といった計算式の金利となります。

もうひとつ利払繰延条項という条項もついており、発行体の裁量により、利息が繰延になる可能性もあります。
だけど債券市場では繰延条項がついていた債券で繰延となったことはいままでないようです。

長い名前の通り、普通の債券のリスクに加えて、劣後特約+期限前償還条項+利払繰延条項と3つのリスクが加わっているため利率は高くなっているんですね。

でもそこまで特殊な債券ではないと思うので中途解約もできそうですし、発行体のリスクを許容できる投資家にとっては魅力的かもしれません。

申込期間は2016年9月12日から2016年9月29日まで。発行日は2016年9月30日。
利払は毎年3月・9月の30日となっています。

関連記事

FC2Ad