家計管理と資産運用ブログ

家計や投資成績を公開しています

シェルター特需

今年の北朝鮮のミサイル発射以降日本からの核シェルターの注文が止まらないようです。→朝日新聞

最小タイプのお値段は高さ2・1メートルで、6畳ほどの広さで、価格が4万5千ドル(約500万円)。

2年前にはゼロだった日本向けの注文が、昨年は6件、今年は100件以上と急増したそうです。

それまでも北朝鮮は何度かミサイルを発射していたのに今年になって危機意識を持ち始めたというところでしょうか。

日本人の特性として言われるのが、全体的に一方方向に動くと極端に動いてしまうところ。
ブームに弱かったり、皆がそうしているからということで行動の選択肢を選んでしまうのですね。

そうした行動心理を考えると、株価なんかの価格形成においても極端な一方方向に傾きやすいかもしれません。

気を付けないといけないのが、対北朝鮮に対して(米軍)が先制攻撃してほしいような意見が比較的容認されそうな空気になりつつありますが、少し前までなら日本は憲法9条があるからだとか、非武装的な意見が多かったような気がします。

いくらこちらが非武装で友好的な態度でも相手が敵対的な行動を選択してくるなら撃退できる程度の武力は必要じゃないでしょうか。

そうなると有事の時だけでなく、平時でもある程度備えておくことは必要なわけで、防衛関係の分野は景気に関係なく常時ある程度の需要があるということになりますし、世界情勢なんかを気にしておく必要があります。



FC2Ad