家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

確定拠出投資の推移公表!!

企業確定拠出年金の評価額の推移をグラフ化してみました。


1103


棒グラフの右側の青色が拠出金額。左側のオレンジ色が評価額です。
オレンジ色のグラフが右隣の青色のグラフより上だと利益が出ているということになります。

これを見てみますと、ほとんどの期間でマイナスとなっていたことが分かります。

グラフの下にある期間を丸で囲っていますが、黄色・青色・赤色とそれぞれ運用方法、商品が違います。

まず黄色の期間ですが、この時期は投資のことは何も分からずただ分散投資していました。
商品としては、グロソブ・変額保険・定期預金をそれぞれ3等分して保有していました。

リーマンショックの影響もあり、運用成績は散々。

続いて青色の期間は外国株式のアクティブファンドを売ったり買ったりしていた時期です。

この時期はアベノミクスが始まった時でプラスになったりマイナスになったりしていましたが、後半に大きくマイナスとなっているのは新興国株ファンドやリート系ファンドをタイミング悪く売買してしまってマイナスを出しました。

そして赤色の丸の期間が現在の外国株式インデックス投信の積立投資の期間です。
マーケットの追い風もあり、順調に評価額が伸びていますので、確定拠出年金はこのまま同じ商品を積立投資で運用していく予定です。


関連記事

FC2Ad