家計管理と資産運用ブログ

アメリカとオーストラリア株・インデックス投信や家計について

待つのも相場

株高です。

NYダウが7日ぶりに最高値を更新しました。

FRB次期議長がパウエル氏に決まったことで安心感が出たことが追い風になった模様で、次期議長は現在のイエレン議長の金融政策を引き継ぐとの見方です。

こうなってくると株高傾向になる年末も近づきつつありますので、なかなか下がる局面はなさそうです。

そうすると必然的に来年度以降の投資戦略を考えるしかなさそうですが、個人的には外貨の積立投資を継続するのと、今年積み立てた外貨で外国株式を持ちたいと考えていますが、当初狙っていた銘柄が上がり続けているといった状態になってしまっています。

逆に下がっている銘柄を狙うのもありだと思いますが、史上最高値を付けている中、下がっているというのはよほどの訳アリになってきます。

特にアメリカ市場は大きい会社でも破産法適用であっさりマーケットから退場することが多い新陳代謝の激しい市場でもあるので日本市場と同じような考えで安易に投資していると痛い目をみることになります。

そういったことも含めると慎重に銘柄選定を行った方が良さそうですので、しばらく投資できるタイミングもなさそうなので銘柄を探しつつ、機会を待ちたいと思います。


関連記事

FC2Ad