FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

エアライン・オブ・ザ・イヤー2018年版

エアライン・オブ・ザ・イヤーの記事がありました。→CNN

1位は5年連続でニュージーランド航空となりました。

この賞は 航空会社の評価サイト、オーストラリアの「エアラインレーティングス」が発表していまして、毎年、業界団体や政府機関による主要な安全監査の結果や保有する機体の使用年数、乗客からの評価、収益性などに加え、乗客の満足度向上に向けた革新的な取り組みなどを総合的に審査しているそうです。

部門ごとの賞は、ファーストクラスがシンガポール航空ビジネスクラスでは英ヴァージン・オーストラリア航空が2年連続の受賞となっています。

エアライン・オブ・ザ・イヤーのTOP10は以下の順位となっています。

1.ニュージーランド航空
2.カンタス航空
3.シンガポール航空
4.ヴァージン・オーストラリア航空
5.ヴァージン・アトランティック航空
6.エティハド航空(アラブ首長国連邦)
7.全日空
8.大韓航空
9.キャセイパシフィック航空(香港)
10.日本航空

日本の航空会社も2社入っています。
ちなみに太字の会社は現地に上場している会社となります。

航空会社は収益性も大事ですが、安全面も重視しないと事故が一旦起きるととんでもないコストがかかってしまいますので、その点も気を付けておかないといけません。


関連記事

FC2Ad