家計管理と資産運用ブログ

アメリカとオーストラリア株・インデックス投信や家計について

即戦力募集中!?

働き方改革や労働人口の減少などで企業の人手不足が問題となっています。

当初、人手不足は中小企業やアルバイト・パートだけの問題かと思いましたが、大企業にあっても人手不足は深刻な状態のようです。

そりゃ大企業でも人手不足ならなおさら知名度等で劣ってしまう中小企業が人を集めるのは容易ではないですよね。

そもそも日本の転職市場が整っていないというのも労働力を硬直化させている問題でもありますし、何よりも一番の問題は企業側も常に即戦力を希望していることです。

しかもこの即戦力の条件がかなりの高望みときています。
そんな好条件の人材は余程のことがないと転職市場に出てこないでしょうに。今の勤務先で活躍できますよ。
(ヘッド・ハンティングは除いてですが)

それにそんな引く手あまたの人が働きたいと希望するようないい会社は希望する人が多くて人手不足って状態になっていないんじゃないでしょうか。

自分自身人手不足だと騒いでいる企業は正直経営能力を疑っていますのでそういう企業は投資対象としてどうかなと思っています。

なぜなら労働人口の減少なんて急に働く人がいなくなったわけじゃなくある程度以前から予想出来た問題ですのでそのための対策や投資をしてこなかった結果が今の状態です。

それに働き方改革による残業抑制とかもサービス残業や無駄な残業を減らしましょうということですが、そんなものは働き方改革がなくとも本来取り組んでおかなければいけないものです。

サービス残業をさせることが出来なくなったから今いる人数では業務が回らないとか、これこそブラック企業だと思います。
人が集まらない会社は出している条件が悪いor魅力がないということなので、あまり世間から必要とされていないものだと言ってしまってもいいくらいだと思いますので、淘汰されても仕方無いと考えています。

ちなみに給料が上がっていない会社は日本位のものらしいですね。先日中国のPCメーカーの日本支社か何かの新入社のお給料は40万円からとのニュースがありました。

この金額でも中国では情報の分野は人が集まりにくくなっているみたいです。


関連記事

FC2Ad