家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

30代で預貯金ゼロはマズいでしょ

30代で預貯金ゼロっていう人は意外と多いそうです。→zuuonline

金融広報中央委員会実施の「家計の金融行動に関する世論調査[2人以上世帯調査]」の2017年度版によると、預貯金を含む金融資産ゼロの人が30代の33.7%、単身世帯調査では30代の実に40.4%が「金融資産を保有していない」と回答しているそうです。

本当は持っていてアンケートには答えていない可能性はあるかもしれませんが、結構な割合となっています。

ここから挽回していくのは高収入の人でないと厳しいんじゃないのと思ってしまいますが、記事の中で家計を立て直す10の方法が紹介されていましたので羅列してみます。

①まずは家計簿で家計を見える化
②通信費の見直し
③保険料の見直し
④住宅ローン・家賃の見直し
⑤交際費の見直し
⑥衣服・美容代の見直し
⑦貯金額の目標を決める
⑧給料天引きで貯蓄する
⑨積立投資で少額・貯金感覚の資産運用
⑩種銭ができたら不動産投資で「不労所得」を狙う

で、結局「当たり前」の積み重ねが「一発逆転」の唯一の手段という形でまとめていました。

どうしても貯められない人はいきなりいくら貯めようと目標を立てて無理な節約をせず、とりあえず貯める癖をつけるようにしたほうがいいですね。習慣になると節約行動は自然と出来るようになります。

それと⑩の不動産投資っていうのはちょっとどうかなと思ってしまいます。やっぱり税金などのある程度の知識がないと難しいんじゃないでしょうか?


関連記事

FC2Ad