家計管理と資産運用ブログ

アメリカとオーストラリア株・インデックス投信や家計について

投資は無理にしなくてもいいもの

つみたてNISAの申し込みを2か月近く前に手続したのですが、まだ申請中らしいです。

時期的に確定申告の時期だったこともあり、税務署も忙しくて手続きが遅れているのかと想像。
ま、急いでいないからいいですけど、急ぎの人にとっては心配になる速度です。

ところでつみたてNISAのCMを良く見かけるので全く普段は投資に興味関心がない人もやってみようかという気になるかもしれません。

でも少し引っ掛かるのが、やらなければ損。やれば必ず得するといったような記事があったりしますが、やること自体、実質ただの投資信託(とETF)の買い付けです。

投資信託をドルコスト平均法で買い付けるだけというものなので買い付け方法自体も新鮮でもなんでもありません。
(これに投資から得られる分配金や譲渡益の非課税というメリットはありますが)

投資信託はリスク商品なので当然上がり下がりがあります。最終的に値下がりしたままで損をしてしまったということも十分想定しておく必要があります。

データ的には長期投資は報われる可能性が高いとなっていますが、それが今後も続くとは限らないですし、たまたま自分の投資した期間だけ例外的に下がってしまったということも当然起こり得るわけです。

もちろん商品によって値動きする幅は違ってきますが、長期投資となると1度や2度大きな調整局面が発生するでしょう。

そもそも米国の金融緩和終了ということは株価が上がり過ぎたので、このまま過熱させてはバブルとなってしまうので利上げして株価が上がり過ぎないようにしますよ=株価を少し下げますよということですから今後も先日のような調整は何度かあることでしょう。

使った方が有利になる可能性があることは確かですが、値動きが気になってしまう人や下がった時の状況に耐えられない人は別に無理に使って投資する必要があるものではありません。

投資しなければ暴落や超円高での値下がりという意味での損をすることは基本的にないですからね。


関連記事

FC2Ad