家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

運用ルールを考える

自分の資産運用の方法について今のところ考えている予定です。

あくまでも自分の考えなのでこの方法が別に正解だとかそういうことはありません。

まず、引き続き①外貨を積み立ててある程度の金額になったら外国株式を買い増しする。

銘柄は②米国株のすでに決めている5銘柄。オーストラリア株が2~3銘柄。
米国株は配当の成長性を重視した銘柄で、オーストラリア株は配当利回りを比較的重視した銘柄。

買い付けるタイミングは外貨が積み上がってからですが、税引き前の配当利回りが米国株は3%、オーストラリア株は7%以上の水準を目標としています。

これとは別に一部の資金では③米国株で配当を重視せず、将来的な値上がりを重視するものにも投資します。
この銘柄は今後のマーケット状況や産業構造の変化などで決めますが、今のところAI関係でしょうか。

②の部分では最終的な投入金額目標を決めているのでその金額に達した後は、外貨の積立はストップします。
その後は配当が出るので外貨のまま受け取りを続けます。

ポートフォリオは一定金額を維持するイメージで基準金額を設け、年末にその金額以上になった銘柄の部分だけ売却して利益確定、基準金額以下の損が出ている場合、その銘柄を買い増ししてリバランスします。

基準金額を下回る銘柄が複数出た場合、プールしている金額で全銘柄買えなければ損失額が大きい銘柄から順に買い増ししてポートフォリオを調整。

一応このような予定ですが、ポートフォリオの完成に後何年かかるやら・・・。

それから②、③を買っても余裕があるようなら④インデックスETFも買えればいいかなと考えていますが、そこは今後の昇給やボーナス次第ですが難しそう。


関連記事

FC2Ad