FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

AIが仕事を奪うなら(GOOGL)

短期で売却するつもりだったAlphabet株(Google)ですが、意外と長期保有でもいいかなと考えています。

そもそもそれほど株数も買えていませんし、損益状況はマイナスでもありますので今すぐどうこうできるわけではないのですけど。

最近よくAIが仕事を奪うとかの話を聞きます。そういう職業についている人が出来ることはAIに代行できないスキルアップや違う職への転換などが考えられます。

スキルアップは自分でできることではありますが、その職自体がAIに取って代わられてしまわれると元も子もないですし、違う職への転換も簡単ではありません。

そう考えると一番簡単なのは、それじゃあAI関係株を買っていれば多少のリスクヘッジになるのではないでしょうか。

職を取って代わるということはそこにAIの需要が発生するわけですし、そういう企業には恩恵があるでしょうし。

ただ問題はどの企業が恩恵を受けるかなんですけど。
おそらくAI関係で最後に勝者になる企業は、①資金力のある企業、②技術者を集めることの出来る企業という2つの条件があると思っています。

①はそのままですが、②はエンジニアの賃金や企業ブランド等が当てはまりますし、今後ユニークなスタートアップ企業が出てきても資金力で買収出来ますので、その条件を考えると現在ではアップルやアマゾン、マイクロソフト、グーグル等の超大手企業が有力な候補ですが、あるいは情報セクターのETFでもいいのかもしれません。


関連記事

FC2Ad