FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

投資信託の現状

個人が銀行で買った投資信託のうち46%が運用損失を出している状態とのこと→朝日新聞

あくまでも銀行のみで買っているデータなので証券会社で販売されたものを含めるとこの割合が増えるのか減るのかは分かりません。

これを金融庁が問題視していまして比較的上昇相場であったにもかかわらず損を出している人が多いということは、販売側が手数料や経費の高さで販売商品を選んでいるのではと思われても仕方がありません。

そもそもインデックス運用の商品は別として、テーマ型投信はその時旬なテーマで商品設定しますので結果的に高値で投資信託が設定されているという指摘もあります。

ただ一概に銀行側が悪いとも言い切れないところもあります。そもそもマイナス金利で低金利となり、銀行側も稼ぐことが難しくなっている環境で手数料の稼げる投資信託販売に向かっていった側面もあります。

かと言って、収益が上がらないと企業としては販売する意味がないですからね。信託報酬で稼ぐと言ってもそこまで投信のコストを上げるわけにもいきませんし、純資産が積み上がるまでかなり時間もかかってしまいます。

それでなくても地方銀行は経営の厳しいところが多くなってきています。

環境が厳しい時はどんどん削減されたりコストを削っていくことはありですが、将来のための投資が出来ていないと環境が一転した時に業績を拡大させる力が残らないんじゃないでしょうか。

それが引いては景気全体の拡大につながらないことにもなりかねませんよね。


関連記事

FC2Ad