FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

住むところを決めるポイントは

転勤が発生した時にじっくりと住む場所を考える時間がないので、自分用に物件を決める時のポイントを時々まとめています。

前回までの分は以下の記事で書いています。

住むところを決めるポイント:3回目
住むところを決めるポイント:2回目
住むところを決めるポイント:1回目

これに加えて避けるべき物件ポイントは
①マンションの郵便受けが散らかっている
②共用部分の廊下に自転車を止めている
③騒音トラブルの張り紙がある
④備え付けクローゼットやドアの位置が悪い


などなどです。

その他に手続することもたくさんあります。

引越しが発生したらやること

それから近年では災害も何かと多いのですし、台風も大型化しているので水害の際にどうなるかとかも頭に入れていた方が良さそうです。

よく節約のために賃貸の人は固定費を下げることが出来るのでなるべく家賃の低いことが推奨されますが、自分の場合は住むところはそれほど削るべきではないと感じています。(住環境と家賃はある程度比例しますので)

こんなところですが、また定期的にアップデートすると思います。


関連記事

FC2Ad