FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

配当金でごめんなさい

米国株のAT&Tより今年1回目の配当金を受領しました。

今回は増配後の1株当たり0.51ドルの配当金となりました。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.459ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.365ドル程度の受け取りとなります。

こちらも米国の現地源泉税は外国税額控除で戻ってきますが、ひとまず二重課税となります。

配当の支払いは2、5、8、11月と年4回となっていますので予定だと次は5月ですね。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは5.4%(税引前)となりますが、引き続き現在の株価だと6.5%以上の配当利回りとなっています。

前回も書きましたが、やはりこれだけの大企業で配当が6%以上もあるなら買わない理由はないのですが、それでも株価の動きは良くありません。

いずれ上がるのかもしれませんが、大型株でましてや(株式投資の盛んな)米国のアナリスト達が見ているはずなので株価が上がらないということは、やはりそれ以上に上がらない理由があるのでしょう。

しかし、配当は引き続き支払われますし、急いで売却してしまわないといけないほどでもないので買い増しは考えずこのまま保有して配当金を貰い続ける予定です。


関連記事