FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

30,40代の貯金がどんどん減ってる

30,40代の貯金に関する記事がありました。→毎日新聞

米国株や日本株はたまた貯蓄ブログを書いている人の中にはこの年代でも数千万円の資産がある人は案外いるイメージがありますが実際のところ厳しい現実があるようで。

調査はSMBCコンシューマーファイナンスが発表していますが、衝撃的な結果で「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%で、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下したとのこと。

貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円とのことで40代の減少が目立っています。
(ただどのような層でどれくらいのサンプルを取ったかがいまいち不明)

子どもがいれば当然出費が増える世代なので当然と言えば当然かもしれませんが、若い人の消費が増えているニュースも聞きませんし、いずれの世代もアベノミクスの恩恵を受けていないのは明らかです。

しかも前年より下がっているのも驚きですが、一方で日本においても1億円以上の純金融資産を保有する「富裕層」が、年々増加しているので明らかに2極化が進んでいるということなのでしょう。

これは富裕層になるほど株などの投資にお金をまわしているのでその恩恵を受けることが出来ているからですが、だからと言って100万~200万円の貯金ではなかなか投資にお金をまわす余裕はありませんし、受けることの出来る恩恵もわずかになってしまいます。

でも貯蓄や貯金ということで調査しているようなので実は株などの金融資産は別にあるけど答えていないオチがあったりして?


関連記事

FC2Ad