FC2ブログ

家計管理と資産運用ブログ

米国株・インデックス投信や家計について

インデックス投資は積立投資で

自分の資産運用はインデックス投資が中心に考えています。
今のところ確定拠出年金、つみたてNISA、個別投資でのVTIの3つのインデックス投資を行っています。

それぞれの参照とする指数は違うので厳密に調べると違うのかもしれませんけど、あくまでも体感なのですがどうやらインデックス投資は積立投資と相性がいいようです。

毎月買い付けるつみたてNISAはS&P500インデックス投信ですが、ほぼずっと評価額がプラス圏。一方、最近になって1年ほど前に買ったVTIがようやく評価額プラスになりましたが、ここ1年ほとんどマイナス圏です。

単に自分がVTIを買ったタイミングが悪かったのかもしれませんが・・・。

コストとかインデックスの成績ではそれほど差は出ていないはずなので考えられる原因は買い付けのタイミング
安値でタイミングよく買えるのならば全然問題ないのですが、一個人がそれをするのはほぼ不可能。

となると買い付けタイミングを分散することによって高値で買い付けてしまうリスクを回避することと、なるべく安値で買い付ける可能性を高めるほうが利益が出せる可能性としては高いのかもしれません。

まあ何千万円とか運用する金額があれば配当とか分配金が大きいのでまた違ってきます。

それからインデックスものの銘柄構成比率は適宜確認して、自分が個別で保有している銘柄との兼ね合いも考えておいた方がいいですね。あまりにも個別で保有している銘柄と投資割合が重なっていたら分散投資しているつもりが結局分散になっていなかったってことになるかも?


関連記事