FC2ブログ

Billionaires' Row

家計管理と資産運用のブログ

お望みのものは買えて?

前回の記事でテールリスクが高まっているので警戒しましょうってことだったのだけど、ちょっと更新タイミングが遅かったですね。

記事自体は用意していたのだけれど・・・(言い訳
でも予想の精度に自信はありません。当たるなら自分が投資でもっと儲かっているはずですし。

まあ気を取り直して、結局週明け24日のNYダウは史上3番目の下げ幅の前週末比で1031・61ドル(3.56%)安となりました。

私のポートフォリオも基本的にインデックスと同じ方向に動くので大幅下落となりました。
(でもあんまり気にしてません。別に売却する予定もないし)

ところで久々の大幅下落でしたけど皆様は狙っていた銘柄を買えたでしょうか?

目先はまた下落する局面があるかもしれませんが、米国株に投資している人は当然、米国株の将来を強気に考えている人が多いと思います。

昨年末からなかなか下げなかったのでしめたと思った人も多いはず。
でも大幅に下げたと思ってもまだ昨年10月中旬の水準なんですよねー。

ウォーレン・バフェット氏も24日、新型コロナウイルスの感染拡大に懸念を示しながらも、株式を売る時ではないとの見方をしていて、10-20年の期間を見通して企業の収益力に注目している投資家は順調な株式投資ができるとのことです。

そういえば、ヒンデンブルグオーメンも今回は当たったかな?それはまた後日別の記事で確認してみます。


関連記事

怪しい雲行き。とりあえず警戒しておきましょうー

新コーナーの(実験的な)追加です。
このカテゴリでは記録も兼ねてウオッチしている週末時点の米国株の投資指標を振り返ります。

基本的に毎月曜日に更新していきます。


20200224.png

Fear & Greed Index ・・・44
スキュー指数・・・135.14
バフェット指数・・・158.90
ヒンデンブルグオーメン・・・消滅中 (2月28日まで警戒期間)
景気後退確率・・・25.20 (1月末時点)


・指標の見方ですが、Fear & Greed Index は投資家心理を表し50が中立。50以上が強気、50以下が弱気。

・スキュー指数はテールリスクと呼ばれる発生確率は低いですが、発生すると巨大な損失をもたらすリスクが起こる可能性を示す指標で100が通常の状態で100より高ければテールリスクの可能性が高まっている状態。
(反対に100を割ることはほぼありません)

・バフェット指数は有名。100以上であれば過熱状態を示唆。

・ヒンデンブルグオーメンはお馴染みの。点灯の有無に注目。

・景気後退確率はNY連銀が公表している1年後の景気後退確率です。通常は10前後、20以上で警戒、30以上で危険水準となります。

(感想)
VIXやテールリスクを示唆する指標が上がってきているのが分かります。
こうしてみるとやや警戒が必要かなという状況ですね。特に新型コロナの影響もまだまだ広がりをみせそうなのが懸念材料です。

それから米国大統領選も予断を許しません。投資家立場からすればサンダース氏はちょっとご遠慮願いたいところです。

休み明けは日本株ですがインフル治癒薬アビガンの富山化学工業を傘下に持つ富士フイルムホールディングス(4901)の動きに注目でしょうか。


ポートフォリオをスピンオフ?

自分で投資している個別銘柄のポートフォリオを分離することにしました。

分離する理由は投資目的に応じた管理をしやすくするためポートフォリオ金額が当初想定していた一定金額に達したためです。

毎月運用成績を公開している米国個別株ポートフォリオはこのままですが、お遊び枠での投資はハイリスクハイリターンポートフォリオとして別のネット証券で行います。
(ソフトバンクの1号・2号ビジョンファンドみたいなイメージかな)

これに伴い、保有銘柄のジュミア・テクノロジーズ(JMIA)を売却しました。(損益は若干プラス)

もうひとつのPLNTは他社に振り替えるのも面倒ですし、もう長期で保有しているのでこのままポートフォリオに組み入れます。

ハイリスクハイリターンの方は継続的に資金投入はしませんが、通常の投資に加えてさらに余裕資金が出来た時に入金します。

保有する銘柄も純粋に値上がりのみを追求して、大化け銘柄を狙う銘柄を組み入れる予定です。

もちろん少額でなくなってもいい資金でしか投入しませんし、目先のリターンは気にせずリスクを取るので、通常のポートフォリオとは運用成績を分けて考えます。

これで私のの資産運用はメインの①つみたてNISA+確定拠出とサブの②米国個別株ポートフォリオ③ハイリスクハイリターン・ポートフォリオの3本体制となります。

このスピンオフした③のポートフォリオは目先のリターンを気にしないこともあり、運用成績や保有銘柄は非公開の予定です。
(年末の年間成績には含めるつもり)

①以外のポートフォリオはそれぞれ投入金額および評価額で一定の上限を想定していてそこに達したら資金投入ストップおよび売却をルールとして設けています。

なので今回は②から③を分離して、多少枠に余裕が出来たので②への資金投入はまだ続けることになります。


関連記事