FC2ブログ

Billionaires' Row

家計管理と資産運用のブログ

決算良くて大幅高。やったね!

米国株で保有しているジム運営会社のプラネットフィットネス(PLNT)の第3四半期決算が現地7日にありました。

内容は今回も予想を上回る決算でアナリストの予想では、売上高が1.62億ドル、1株あたり利益が0.36ドルという予想に対して、売上高は1.66億ドル、1株あたり利益が0.36ドルという結果でした。

この内容を受けてすぐの時間外取引で7.4%高とひとまず好感されています。(その後の取引では9%以上の大幅高)

決算を受けての個人的な投資判断は今後の成長(値上がり)も引き続き期待できると思っていて、株数もかなり少ないのでこのまま保有です。

ライバル企業といえるのか分かりませんが、ネットフリックスのフィットネス版と呼ばれる米国のペロトン・インタラクティブ(PTON)が今年9月26日に米ナスダック市場に上場しました。

時を同じくしてこのPLNTの株価も軟調になったので影響を受けているのかもしれません。
(ちなみにPLNTのIPO当時の株価は16ドル)

米国株の時価総額が大体100億ドル以下だと小型株と考えていますが、このPLNTの場合時価総額は現在58億ドルほどなので大型株と呼ぶのはまだまだですね。

この銘柄は決算発表後急上昇するパターンがお馴染みなので、ここのところ軟調だった反動でこの決算を受けて大幅反転があるかもとひそかに期待しています。


~以下先日お問い合わせくださった方へのお返事~
6日に出版のご案内を頂戴いたしましたが、誠に申し訳ありませんが今回はご遠慮させていただきます。
本来直接メールでご返信するべきだとは存じますが、諸事情ありこちらでお返事させていただきます。



良くても売られる悪くても買われる

米国株で保有しているプラネットフィットネス(PLNT)の第2四半期決算が現地6日にありました。

内容は今回も予想を上回る決算でアナリストの予想では、売上高が1.67億ドル、1株あたり利益が0.41ドルという予想に対して、売上高は1.81億ドル、1株あたり利益が0.45ドルという結果でした。

この内容でしたが、事前の期待がもっと高かったためかマーケットの状況で小型株が売られやすくなった影響もあるためか株価は大きく下げました。

決算を受けての個人的な投資判断は今後の成長(値上がり)も引き続き期待できるとは思っていて、株数もかなり少ないのでこのまま保有です。

もちろん決算の内容が予想より、良かったからというだけで株価は上昇するものでもありませんが、基本には資金需要以外では敢えて売る理由はないはず。

そう考えると株価が下げた要因としては①将来の業績予想が落ち込みそう、②マーケットが不安定なので株式の保有ポジションを引き下げるの2つが大きく考えられますが、今回の場合そこまで業績の悪化が見込まれるわけでもなさそうですし、おそらく②の要因っぽいですが。

もともと短期で売る予定だったこの銘柄も保有してから約1年。
ここ1年のパフォーマンスは株価が+34%とS&P500の15%と比べて優秀な結果となっていますが、まだまだ付き合いが続きそうです。


二の舞にならないでね~

米国株で保有しているプラネットフィットネス(PLNT)の第4四半期決算が現地26日にありました。

内容は今回も予想を上回る決算でアナリストの予想では、売上高が1.73億ドル、1株あたり利益が0.32ドルという予想に対して、売上高は1.74億ドル、1株あたり利益が0.34ドルという結果でした。

この内容を受けて翌日の取引では7%以上の上昇で始まり、お馴染みの決算発表後上昇するパターンとなりました。(その後は落ち着きましたけど)

決算を受けての個人的な投資判断は今後の成長(値上がり)も引き続き期待できると思っています。
株数もかなり少ないのでこのまま保有です。

元々、投機目的で買った銘柄ですぐに売るつもりでしたが長期保有となりそうです。
小型株ですけど、昨年12月末の暴落時も最後までプラス圏で耐えてくれました。

同じフィットネスクラブという業態がメインである日本株のRIZAP(ライザップ)のようにならないでもらいたいものです。
(調べてみるとプラネットフィットネスのジム自体の評価はビギナー向けでそこまで高くないみたい)


決算になると上がる銘柄?

米国株のプラネットフィットネス(PLNT)の第3四半期決算が現地6日にありました。

内容は予想を上回る好決算でアナリストの予想では、売上高が1.26億ドル、1株あたり利益が0.24ドルという予想に対して、売上高は1.36億ドル、1株あたり利益が0.28ドルという結果でした。

この内容を受けて翌日の取引では17%以上の上昇
今回も決算発表後急騰するパターンとなりました。

決算を受けての個人的な投資判断は今後の成長(値上がり)も引き続き期待できるとは思っています。
株数もかなり少ないのでこのまま保有です。

それからこの前買ったばかりのアルタ・サロン・コスメティックス&フレグランス(ULTA)を早くも利益確定で売却しました。(指値でずっと注文を出していたらかかっていました)

5%位しか利益は出ていませんが、まあ減るよりいいでしょう。キャッシュも大事ということもあり早めの売却です。
個人的には管理しやすいのでやっぱり保有銘柄数は少なめの方がいいですね。

それにしても比較的小型な株はよく動きます。一獲千金的な考えの人だとまとまった資金が投入できるのでしょうけど、私の場合は逆に動く可能性も考えるととても無理です。


適当に選んだ銘柄が急騰!?

ついこの前購入した米国株のプラネットフィットネス(PLNT)の第2四半期決算が現地9日にありました。

内容は予想を上回る好決算でアナリストの予想では、売上高が1.30億ドル、1株あたり利益が0.31ドルという予想に対して、売上高は前年同期比30%増の1.40億ドル、1株あたり利益が0.34ドルという結果でした。

この内容を受けて時間外取引では7~8%以上も上げていました。翌日の取引では5%以上上昇

残念ながら保有株数が少ないのでこの位では急いで売りませんが、もしある程度の金額を投資していたらこの機会に確実に売却していたと思います。

決算を受けての個人的な投資判断は今後の成長(値上がり)も引き続き期待できるとは思っています。

上がっているのは嬉しいですが、投資の世界ではヒトが選んだ銘柄とサルがダーツで選んだ銘柄のパフォーマンスを比べた場合、それほど差がないというようなお話を目にしたことがあると思いますが、ロクに考えず買った銘柄が上がり、悩んだ末に買った銘柄が大損している現状で複雑ではあります。

でもジムって(辞めてしまう人もいますが)継続的に通い続けないといけないので、買って終了という商売ではないので顧客がいる限り、継続的に収入が入ってくる業種ですよね。

資金があれば買い増しもいいですが、今のところは地味な積立投資で精一杯というところです。