FC2ブログ

Billionaires' Row

家計管理と資産運用のブログ

想定通りでまずまずの利益実現!!(JNJ)

米国株のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の決算発表がありましたが、決算直前にこの銘柄は売却出来ましたので、既に保有していません。

売却理由としてはこの銘柄が期待出来なくなったとかではなく、当初自分の想定したストーリー通りの株価推移となったから売却しました。

まずAT&T(T)をちょうどその頃売却してドル資金があり、外貨MMFにしておこうかなと考えていた時に、買った時の記事からですが、ベビーパウダー問題で大幅下落したので、あわよくば短期での反発も期待でき、結果的に長期保有になっても問題ない銘柄で外貨MMFよりマシかなということで選択しました。

たしか前回決算は悪くなくて、当時136ドル近辺の株価でした。
そしたら10月18日頃にベビーパウダーのアスベスト疑惑が出て127ドル近辺まで急落、そこから2日ほど下げ止まるか見て127ドル近辺で買いました。

疑惑の結果次第では消費者への印象は悪くなりますがJNJはベビーパウダーだけの会社ではないですし、案外早く急落前の136ドルくらい(+7%)までは戻すんじゃないと考えました。
(すぐに戻らなくても結果的に長期保有となってもいい銘柄ですし)

そしたら恒例年末の強気相場にも乗り、あっという間に+15%以上に。このまま保有するのもいいかなと思いましたが、決算がそこまで良くなかったことや、訴訟を多く抱えていることもあり当初のストーリー通り売却となりました。(配当も1回分受け取ったよ)

私の場合、保有ポートフォリオの銘柄は長期保有なので基本的に売却予定はないのですが、だからと言って短期投資をしないわけではなくこうしてスポット的な売買も行っていないと実現益が出ないので両方使い分けています。

別に投資方針が大事なわけじゃなく、資産を増やすことが目的ですからね。

この銘柄は定期的に訴訟問題などで急落することがあるので、また急激に下がる局面があれば短期的な反発を狙って買い付けるのもいいかなと目論んでいます。
(でも新型肺炎でマーケットが弱気になるとこの銘柄の強さが際立つので結果的に売るのは少し早かったかなとちょっと後悔)


優良銘柄だけど売っちゃうよ~(JNJ)

保有している米国株のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)より配当金を受領しました。

今回1株当たり0.95ドルの配当金でした。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.85ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.68ドル程度の受け取りとなります。

配当の支払いは3、6、9、12月と年4回となっています。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは2.93%(税引前)となりますが、今回の配当でおそらく売却となりそうです。

まず断っておきますが、JNJは連続増配56年の優良銘柄なので長期に保有し続けるのは全然ありだと思っています。
(なので銘柄が悪いとか下がりそうとかの意味での売却ではないです~)

売却理由は元々買い付けた資金が保有銘柄の買い増しに充てる予定のものでして、どれも高くて手が出せなくてMMFでずっとプールしていたのを使いましたのでその資金の回収の為です。
(悲しき弱小投資家・・・)

あと外貨MMFを動かして特定口座内の損益通算もしたかったのも買った理由なので目的達成ってことで。
まあ結局売れなくてこのまま保有になるかもしれませんけど、それもOK。
(今年の10月末のアスベスト疑惑で下がったところで短期反発を狙って買ったので+10%利益のところで指値売り中です)

JNJは引き続きもっと投資資金が大きくなって複数銘柄組み合わせないといけなくなったらポートフォリオに加える銘柄としてまず候補に入れるつもりの銘柄です。

でもまた訴訟問題なんかで急激に下がる局面があれば短期的な反発を狙って買い付けるかも?

保有ポートフォリオの銘柄は長期保有なので基本的に売却予定はないのですが、こうしてスポット的な売買も行っていないと実現益が出ないので両方使い分けています。
(売買は少ない方が当然コストは低くなりますけどね)


大化け期待の小型株を買ってみたよ~(JMIA)

私のポートフォリオにまた新戦力が加わりました。

今回はお遊び枠での買い付けで無配当の小型株ですので単純に企業の成長に期待した投資となります。

まだまだ知名度のある企業ではないので値動きが荒そうですが、金額的には数万円程度分の超少額投資なので仮に半値になってもポートフォリオ全体に与える影響はほぼありません。

買い付けた銘柄はNYSE上場ADRのジュミア・テクノロジーズ(JMIA)です。

この企業は本部はドイツにあり、ナイジェリア、エジプト、南アフリカなどをはじめとするアフリカ大陸の顧客向けにeコマースマーケットプレイスJumiaを運営。独自のロジスティクス網をもち、オンライン/モバイルショッピング、広告、サービスなどのeコマースフルフィルメントプラットフォームを提供しているとのこと。

簡単に言えばアフリカのAmazon(になればいいな)というところでしょうか。
上場は今年の4月12日とまだまだ日が浅く時価総額は4.5億ドルとかなりの小型株で値動きも安定していませんのでリスクはかなり高そうです。

それにアフリカ各国は政情不安や紛争、資源争奪など地政学リスクが高いイメージがあり、ビジネス環境としては難しそうで、業績も安定するまで時間がかかりそう。

それでも人口増加率の高さや成長力のポテンシャルがあるのは魅力的。ビジネスモデルもAmazon、アリババ、楽天、メルカドリブレのような先例があるのである程度真似ればいけるんじゃない?

長期では大化けも期待出来そうですが、株価次第ではすぐに売ってしまうかもしれませんけどどうなることやら。
(IPO初値から急激に下がっていて上場廃止の可能性もあるかもしれないので投資はお勧めしませんけどね


手切れ金でサヨナラ!!!(AT&T)

すでにお別れしてしまっているこの銘柄ですが、米国株のAT&T(T)の第3四半期決算と今年3回目の配当金を受領しました。

まずは配当金からで今回も1株当たり0.51ドルの配当金となりました。

特定口座なので、ここから米国の現地源泉税が10%引かれて1株当たり0.459ドルとなり、さらに国内で国内源泉所得税と国内源泉地方税がそれぞれかかり1株当たり0.365ドル程度の受け取りとなります。

配当の支払いは2、5、8、11月と年4回となっていますが売却したのでこれで最後です。
私の買値で計算すると年換算で配当利回りは5.4%(税引前)でした。

売却に関してもう2~3年くらい持つかなと思っていましたが、アクティビストの登場により想定外に株価が上昇したのでこの機に売却。

もともとの役割として、ポートフォリオの税金や取引コストを回収する配当キャッシュマシンとしての役割を期待していましたので、配当金を受け取り買値と同値位で売却、もしくは他の利益が出た銘柄との損益通算要員になればと考えていましたので役割を全うしてくれ御の字です。

続いて決算ですが、私の感想としては業績のみで考えるとやはり冴えない内容といった印象です。

アナリスト予想は売上高は450億4000万ドル、1株利益が93セントでしたが結果は売上高が445億9000万ドル、1株利益が94セントという内容でした。

各サービス加入者の伸びと売上高がいずれもアナリスト予想を下回り、テレビサービス加入者は120万人の純減。過去1年間で約370万人のテレビ加入者を失った。携帯電話サービスの月次契約者数は21万7000人の純減で、アナリスト予想(6万人減)より大幅な落ち込みとなっています。

一方、取締役会の定員を2人増やし、会長と最高経営責任者(CEO)の職務切り離しなどを盛り込んだ3カ年計画を発表。大型買収をしばらく行わないとも言明し、配当維持の姿勢を示したことが好感されました。

3か年計画では年1-2%のペースで売り上げを伸ばし、2022年に負債比率を2-2.25%に引き下げる方針。22年には1株利益4.50-4.80ドル(アナリストの予想は3.39ドル)を目指すそう。(あくまでも目指す)

今回の決算発表でエリオットの懸念に対応とのことで好感されましたがビジネスがメディアやエンタメへと変わったので今後買い戻すことはやっぱりないかなと思います。(シンプルに電話屋でよかった)

一時別居中?かもと考えていましたが、今回の配当金が手切れ金となりそうです。


ヒステリーがたまにキズ!?(JNJ)

米国株のポートフォリオに加わった新しい仲間の紹介です。
鉄板銘柄のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

今更この会社の説明の必要はないでしょう。
基本的に値動きは大人しい性格ですが、ときどき訴訟問題などでヒステリー(暴落)を起こします。
(長期ホルダーからすれば暴落ごとに買い増すのもありかもね)

私の買値ベースでの配当利回りは2.93%(税引前)と配当を期待するには少し低めですが57年連続増配していますので保有し続ければ高配当銘柄になるかも?

前にも書きましたが、ポートフォリオを形成していくにあたってコストや諸々の税金が発生する場合があります。

そのコストを吸収する役割を期待して配当キャッシュマシン+損益通算要員をポートフォリオに加えておきたいと考えていますので、先日ちょうどベビーパウダー問題で大幅下落したので、あわよくば短期での反発も期待でき、結果的に長期保有になっても問題ない銘柄ということで、AT&Tの入れ替えで買付しました。

また配当キャッシュマシン+損益通算要員はディフェンシブでベータ値がなるべく低い銘柄を選びたかったので買った時の0.7だとギリギリ及第点。

銘柄の心配点はないのですが、ポートフォリオ全体で考えるとJNJはVTIの構成比率第9位で1.15%を占めていますが、私の主力銘柄の位置づけのMSFTも第1位で3.57%占めているので今後のポートフォリオの動きがよりVTIの動きに似てくるのかなと思っています。

この銘柄を買った後にもともと狙っていたマクドナルドも決算発表を受け株価が下がったのでそちらも捨てがたいなと後から思いますが、なかなか上手くタイミングが合わないものです。