FC2ブログ

Billionaires' Row

家計管理と資産運用のブログ

すべての資産が勝ち組の年でした

今年はほぼすべてにおいて結局投資したもの勝ち的なマーケットでした。

ある人は「グランクリュ」と今年を高品質のワインを生み出すブドウ畑に例えています。→Bloomberg

記事によると、『年初来上昇率は米S&P500種株価指数は28%、世界の株式相場を示す指数は23%、世界のクレジット指数は10%、新興国市場のドル建てソブリン債指数は12%。古典的なセーフヘイブン(安全な避難先)資産とされる米国債と金(ゴールド)でさえ、それぞれ約7%、15%の値上がりとなっている』とのこと。

すべての資産が上がっているって珍しいですよね。でも逆を言えば今後すべての資産が下がることがってもおかしくないってことでもあります。

私は今のところまだまだ投資金額も少ないのでしばらく資産分散を考える必要はないかなと考えている状況ですが、人によっては米国株以外の投資も考えつつ、投資計画を練らないといけませんね。

現時点では私も米国は投資するにあたって一番有望なマーケットだと思っていますが、今後その見通しが続くとは限りませんし、日本株や中国株が米国株より有望だと感じるようになったら別に米国株に固執しないで躊躇なく乗り換えるつもりです。

商品も別に株式だけでなく債券、金が有望となればそちらに投資してもいいわけで、個人投資家ならではの身軽さの部分の強みは上手く活かしていきたいところです。
(でも仮想通貨バブルの二の舞はごめんですね)


関連記事