FC2ブログ

Billionaires' Row

家計管理と資産運用のブログ

奇跡でも謎でもなく

週末時点の米国株の投資指標を振り返ります。
このコーナーは日曜日毎に更新しています。


20200524.png


Fear & Greed Index ・・・Neutral 50↑ (39)
スキュー指数・・・125.78↑(124.47)
バフェット指数・・・139.40↑(134.30)
ヒンデンブルグオーメン・・・消滅中 
景気後退確率・・・19.46↑(4月末時点)


*数値の後の()は前週末値

(スケジュール)
5/25:米国市場休場(戦没者追悼記念日)
5/26:米5月消費者信頼感指数
5/26:米4月新築住宅販売
5/28:米1-3月期GDP改定値


  
(私見)
指標の感想は今回はパスでちょっと思うところを。
日本では多くの地域で緊急事態宣言が解除となりました。

緊急事態宣言が継続している東京など首都圏の1都3県と北海道についても政府は、感染者数の減少傾向などが続けば25日にも宣言を解除する方針ということなので全地域解除もいよいよ秒読み段階に。
(皆様お疲れさまでした~)

まだまだこれで安心というわけではないけれど、なんとか他国のように医療崩壊を起こさせなかったのは医療関係の方々に感謝ですね。

厳しいロックダウンをしていない日本で感染拡大しなかったことをジャパンミラクルや日本の謎と海外メディアは報道していて、政府の対応や検査のことがいろいろ言われたりしますが、「医療崩壊を出さないことを最優先に、治療が必要な人だけを検査・隔離する」方針が功を奏したんじゃないでしょうか。

(まだ安心はできないですが)結果的に世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つであるのは事実ですし、他国から批判があっても誇っていいことのように思います。

自粛期間中にも拘らず常識はずれな行動をする人のニュースはありましたが、以前の記事日本・日本人の国民性、規律、医療水準、衛生観念があればコロナの危機は乗り越えられると書いた通り、ほとんどの人が常識を守って行動したことで感染拡大を抑えることが出来たと思いますので、「ミラクル」や「謎」じゃなく、個々の我慢や努力の成果ですよね。


関連記事